空き家の防犯対策が地域の治安維持に重要な理由とは

カテゴリ:
空き家の管理方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

空き家の防犯について


住まいの防犯対策は、安心して暮らすためにやっぱり欠かせませんよね。

でも、人が住んでいない空き家の場合はどうしたらいいのでしょうか?

転勤などで一時的に自宅を空き家にして、室内に家具や家電を置いておく場合は、空き巣に入られないようにセキュリティ対策が必要です。


一方、長い間誰も住んでいなくて、家具や家電を含めた貴重品も一切置いていない場合は、「特に防犯対策なんていらないのでは?」と思う人もいるかもしれません。

確かに何も盗まれる物がなければ、わざわざお金がかかるセキュリティ対策はいらないと思っても不思議ではありません。

ですが、それでも人が住んでいる家と同じように、防犯対策を行うことが重要なのです!



空き家でも防犯対策が必要な理由


空き家でもセキュリティ対策が必要な一番大きい理由は、地域の治安を守るためです。

なぜなら空き家は、空き巣にとって「誰も住んでいない→不法侵入のチャンス!」となりやすいからです。

しかも、庭は草木が伸び放題・窓ガラスが割れている・中にはクモの巣があちこちに張っていてホコリだらけ…というような状態の家を見て、人が住んでいると思うことはまずないですよね。

そんな家、近所にあっても近寄りたくないと思うのが普通です。

そうして人目が遠ざかる荒れ放題の家は、不審者にとって格好の隠れ場所になってしまうのです。


また、管理やセキュリティ対策がされていない空き家が、詐欺グループや麻薬・覚せい剤取引の場所として利用されていたケースもあるんです!

もしあなたが住む家の近所に、犯罪に利用されている空き家があるとしたら…安心して暮らせますか?暮らせませんよね。 


他にも、荒れ放題の空き家は放火やゴミの不法投棄など、地域の住環境を悪くする原因にもなりかねません。

治安や住環境の悪化を防ぐためにも、空き家のセキュリティ対策が重要なのです。



空き家の防犯面を強化するには空き巣の手口を知ろう


先ほどまでのお話で、空き家のセキュリティ対策を行うことが、どれだけ大切なのかということが伝わったかと思います。

そして空き家の防犯面を強化するには、まず空き巣の手口を知ることが大切です。

警察庁のデータでは、空き巣の侵入経路として多いのが、窓と表出入り口(玄関)だそうですよ。


参考ページ:警察庁住まいる防犯110


玄関の場合は、特殊な工具を使用して鍵を開けるピッキングやサムターン回しなどが主な手口ですが、窓の場合はガラスを割って入るガラス破りが多くなっています。

「でも、窓ガラスを割るとかなり大きな音がするし、それだと近所の人が気付くんじゃない?」と思う人もいるでしょう。

しかし、窓ガラスは素材によって、割れた時の音があまり大きくないものもあって、空き巣のプロはそれをよーく知っています。

そのため、音を最小限に抑えて破るコツも知っているので、お隣さんでも空き巣に気づかないことだって十分あり得ます。


そこでおすすめのセキュリティ対策が、玄関や窓を侵入しにくいタイプに変えることです。

例えば、玄関の鍵はピッキングがしにくいディンプルキーや、開錠に時間がかかるダブルロックなどに変えましょう。

そして窓ガラスには、防犯性が認められているCPマークが付いているものがおすすめです。


他にも、侵入しやすそうな場所に人感センサー式のライトを設置したり、庭には足音がしやすい砂利を敷き詰めたり、できる限りの防犯対策を行いましょう。


こういう対策は、家を丸ごとリフォームするくらいの大掛かりな工事がいらず、予算もそんなに高くならないので、低コストで対策したい人も選びやすいはずです。

警視庁のホームページでも、空き巣の侵入対策方法を紹介しているので、そちらもぜひ見てみてください。


参考ページ:警視庁 侵入窃盗の防犯対策



空き家の防犯対策で怠ってはいけない『人の目による監視』


空き家のセキュリティ対策には、侵入経路の防犯強化も重要ですが、それと同じくらい有効な方法が『人の目による監視』です。


空き巣やその他の犯罪を行う不審者にとって、誰かに見られることは一番都合が悪いことです。

特に、日頃からご近所付き合いが盛んで、挨拶を交わすことが多いような地域なら、見知らぬ人がいるとすぐに判ります。

そのため、空き家を持っている人は定期的に訪ねて、怪しいところがないか確認しましょう。


また、空き家近くに親戚や友人がいるなら、自分が行けない時は代わりに見回りをお願いするのもおすすめです。


自分で見回る時間がなかったり、空き家周辺の近所に見回りをお願いできる人がいない場合は、空き家管理サービスを利用するのも良いですよ。

空き家管理サービスは建物の管理だけでなく、プランによってポスティング広告の回収や住宅の見回り、ホームセキュリティの導入などもお願いできます。


個人や素人でできるセキュリティ対策には限度がありますが、日頃から行っているプロにお任せすると安心感も違うはずです。


空き家のある地域から管理サービスを行っている会社をいくつか選んで、料金やセキュリティ内容を比べて選んでみましょう。



まとめ


空き家の管理を怠ることは個人の問題だけでなく、地域の人達に大きな迷惑をかけてしまうことになります。


皆さんがいつまでも安心して暮らせる街づくりのためにも、できる限りの防犯対策や、セキュリティプラン付きの空き家管理サービスを利用して、適切な管理を積極的に行いましょう!