空き家や解体後の土地活用 相続後に迷ったらおすすめしたい6つの方法

カテゴリ:
空き家活用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


空き家解体後の活用が決まっていない土地


空き家は全国で増え続けていて、都市部でも地方でも関係なく自治体を悩ませる問題となっています。

特に近年多いのが、親が亡くなって実家を相続したものの、今後そこに住む予定がなく放置してしまうケースです。

放置されてしまった家はだんだん傷みがひどくなり、いつしか荒れ放題の空きとなってしまいます。

また、もう一つ多いケースが、空き家を解体した後の土地の活用法が見つからず、更地のままになってしまっていることです。

せっかく譲り受けた財産を、使い道がないからという理由だけで放置するのはもったいないですよ!

今回は、空き家や解体後の土地活用についてご紹介します。


空き家や土地活用をした方が良い理由とは


空き家や解体後の土地活用について具体的な例を紹介する前に、そもそもなぜ活用した方が良いのかという理由について説明しましょう。

 

空き家や土地は不動産なので、どれだけ荒れ放題でも所有している以上は税金がかかります。

不動産を含む相続が発生すると、相続をした時に納める相続税がありますが、それは一度きりです。

しかし固定資産税は、売却もしくは誰かに譲る(贈与)ことをしない限り、所有している人が納めなくてはいけません。

しかも土地の場合、その上に家が建っていると本来の税額から6分の1に減額できる小規模宅地の特例があるため、空き家を解体するとこの特例から除外されてしまいます。

そうなると、今まで納めていた固定資産税が本来の金額に戻る=6倍になるため、かなり大きな負担となるんです!

もし、あなたが今まで10万円だけの納税で済んでいたものが更地にしたとたん60万円を納めなくてはいけなくなったと考えたら、家計への影響はとても大きいですよね。

 

また固定資産税以外にも、荒れ放題の空き家や更地はゴミを不法投棄されたり、野良犬や野良猫などのたまり場になったりする恐れがあります。

最悪の場合は、放火されて大きな被害が出てしまう可能性だって否定できません。

そうした点を考えると、空き家にしろ解体して更地にするにしろ、何らかの形で活用することはとても重要なのです!


空き家や解体後の土地活用のおすすめ方法


では、実際に空き家や解体後の土地を活用するにはどんな方法が良いのでしょうか?

その一例をご紹介します。

 

空き家編

 

1.賃貸住宅にする

空き家を賃貸にすると、家賃収入を得ることができます。

最近は郊外や地方への移住に憧れる人向けの物件として貸し出すケースも増えているので、空き家活用の定番と言ってもいいかもしれません。

もちろん、荒れ放題のままで借り手が見つかる確率は低いので、人が住める状態に修繕するか、リノベーションして新しく生まれ変わらせることをおすすめします。

 

2.売却する

こちらも空き家活用の定番です。

思い出が詰まった実家を手放すことは複雑かもしれませんが、売却できればその後の固定資産税に悩むことはないため、相続後住むつもりがないなら思いきって売るのもおすすめです。

なお売却の場合、早く買い手が見つかるようにリノベーションしてから売り出すことも良いですが、古家付き土地として売り出せばリノベーション費用をかけずに済みます。

 

3.店舗や地域の施設として活用する

誰かに貸す・売る以外の方法での活用方法としては、店舗や地域の施設として使う方法があります。

店舗なら古さを活かした飲食店などにリノベーションできますし、お客さんがたくさん来てくれる人気店になれば収益を上げることも期待できます。

また地域の施設として活用する場合は、管理も地域の人たちにお願いすることもできるので手間がかかりません。

 

土地活用編

 

1.貸すまたは売る

土地も空き家と同じく、貸地や売地として活用することができます。

事業用として土地を貸す場合、契約期間終了後は再び返してもらえるため、その時に改めて違う方法で活用したい時にも困らないでしょう。

また売る場合、売却代金を他の相続人と平等に分割することができるので、不動産として相続するより現金化して分け合う方向で意見がまとまっているならその方が良いでしょう。

 

2.有料駐車場にする

比較的車の利用が多く駐車場の需要が高いエリアなら、有料駐車場としての土地活用もおすすめです。

初期投資の費用もあまりかからないため、少額での土地活用を希望する人は検討してみてはいかがでしょうか。

 

3.レンタル農園にする

周辺に畑が多いエリアの場合、農地へ転用してレンタル農園を運営する方法があります。

近年は食育や食の安全を考える人が増えているので、自分や家族が食べる作物を自らの手で作って収穫できるレンタル農園はニーズがあります。

都市部から車で片道1時間以内などあまり遠くない距離にある土地なら、借りる人も週末や長期休みの時に来やすいでしょう。

なお、宅地だった土地を農地として活用する場合は完全に空き家を取り除くことや地目変更などいくつかルールがありますので、事前にきちんと確認しましょう。


まとめ


空き家も更地も、そのままにしていては何のメリットもありませんが、方法次第では存分に活用することができます。

全国空き家管理ナビでは、空き家管理を行う不動産会社や、解体後の土地活用などについて相談を承っている不動産会社を探すことができます。

相続後の活用についてお困りの方は、ぜひご利用ください!